忍者ブログ

「わたしの友だちに手を出すな!」友だち守る団

 ヘイトスピーチに反対する人々の活動を伝えるブログです。

カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
最新記事
プロフィール
HN:
友だち守る団の中の人
性別:
非公開
自己紹介:
友だち守る団の中の人です。
ヘイトスピーチに憤慨してます。

とりあえずテスト運営中なう。

ご意見はこちらに
tomodachi.mamoru.dan@gmail.com
バーコード
RSS
ブログ内検索
最古記事
アーカイブ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017.05.24 (Wed)
Category[]

2月24日活動報告

 『友だち守る団』は、去る2月24日に行われた在特会などが主催する「日韓国交断絶国民大行進 in 鶴橋」に反対するための抗議活動を行いました。


 『友だち守る団』は、わたしたち自身も含めて、暴力とも呼べるヘイトスピーチによって傷つけられる人々と、ともに歩み、ともに支えるという理念から「わたしの友だちに手を出すな!」をスローガンに決めました。そして、彼らが醜悪なデモと街宣をやる鶴橋で、地元の人々の声に耳を傾けつつ危険性を周知するために、先んじて2月19日に周知活動を行いました。


 周知活動前は、商店街の人たちがヘイト行為をする在特会などに反感を抱いているだろうという予想をしていました。ところが80軒ほど廻ったところでは、鶴橋駅前である千日前通りから路地ひとつ奥に入れば、そんな街宣デモがあるのかという意見が半数で、そのほとんどは在特会という存在を知らないとのこと。知名度のなさには少し驚きました。しかし、ヘイト街宣を知っておられる方の多くからは激励をいただきましたし、商店街の組合を通じて2月24日の危険性について周知してもらうこともできました。


 また、この日は所轄の天王寺署に『友だち守る団』の代表者ら2名で道路使用許可の申請に行ったところ、こちらの場所と時間の要望が「ともかくトラブルの元になるから」の一点張りでことごとく拒否されるといったありさま。不毛な水かけ論の押し問答を1時間半ほどくり返したところで、やっと引き出した許可はデモコースからやや離れた下味原交差点北西角の辺りでというもの。しかし、あとから現場を確認すると、花壇や地下鉄入口があるためヘイトデモをする人たちに見えるのか?といったロケーションで、すぐに場所変更を申し出るも認められませんでした。そのうえ1人、2人と沿道でプラカードを掲げるのさえ「困る」という理由で容認されない厳しい条件になりました。


 9月24日当日、警察のがんじがらめの規制が予想される中、『友だち守る団』は午前10時から鶴橋商店街を巡回し、250軒ほどの店舗を訪問、在特会などによる騒がしいヘイト街宣の危険性を周知することができました。また鶴橋商店街組合からの連絡もあり、「けしからん」「無事にすめばいいが」「子供が心配」「警察は何をしているんだ」「若いころ、チョンコとよう言われた」「怖い」「あいつら何者や?」と様々なご意見が聞けました。しかし、中には「関係ない」という声もあり、彼らのヘイト街宣に反対する活動もなかなか難しいと考えさせられる場面も。また、ニューカマーとオールドカマーで温度差も感じられるところがあり、むしろ日本人の方がヘイト街宣に敏感ではないか?という印象がありましたが、これらはいずれ精査して報告したいとおもっています。いろいろ複雑な面に触れたものの、こちらの活動を「兄ちゃん、がんばってや」と勇気づけてくれるアジュマ(おばさん)に、わたしたちは再度奮起して午後に備えました。


 午後からは鶴橋駅裏でヘイトデモ・街宣に反対するビラを配り(PDF)、そのあと指定場所である下味原交差点で待機しました。現地では再び警察とスペースの取り方で問答です。許される範囲は下味原北西交差点の西側、わずか3、4メートルの全面幅しかなく、交差点全域は「通行や営業の妨害になる」と限定され、周囲をコーンで固められ、40名ほどの機動隊に囲まれます。これは、いったい何なのでしょうか?道路使用許可を得たのに、その全域を許さず、意図的にデモから見えにくい場所での限定を強いる。警察は言います。「トラブルのないように」「何かあれば失態になるから」。それなら1人、2人がプラカードを無言で掲げて場所を移動しようとすると、何の罪にも問われないはずであるにも関わらず、すぐに制止がきて「困る」です。わたしたちは、正々堂々と「道路使用許可」を取り、当日の行動予定も話しています。しかし、それは結果的に警察の管轄下に置かれ、行動の規制に使用されることになりました。


 ヘイトデモが始まると、文字にするのも憚られるコールが途切れることなく連呼されました。先頭を行く車の中からマイクで煽る元在特会の西村某に続いて、デモ参加者の一人ひとりが叫ぶ姿は、まるで熱に浮かされたようです。わたしたちは、彼らに精一杯の声をふりしぼってヘイトスピーチ反対の声をあげました。あらん限りの声で「わたしたちの友だちに手を出すな」と叫び、「排外主義反対」や新大久保でも使われた「仲良くしよう」など、各自が気持ちのこもったプラカードを掲げました。


 正直に言います。悔しくてたまりませんでした。あのような醜いヘイトを、許してしまっている悔しさ。規制された場所でしか言えない空しさ。しかし、それを嘆いている時間はありません。彼らは在日コリアンの住宅街へ進んだあと鶴橋駅前を通り、再びこの交差点前へと来ます。後で動画をチェックすると、この間わたしたちとは関係ない何人かがプラカードを掲げ彼らに「抗議の意思」を伝えている身震いする光景がそこにありました。また、規制された「抗議の場」には、見知らぬ人々が参加してくれました。そして再び彼らが現れたとき、わたしたちは飛び入りの人たちと声を合わせて全力で「友だちに手を出すな!」とコールしました。今回のヘイトデモは明らかに間違っており、許してはならないものです。問題意識をもつ人、あるいは無関心でいられず、行動する人たちで「友だち」が増えたという事実は、悔しい中での希望でした。


 ヘイトデモのあと、わたしたちはすぐに鶴橋駅裏に向かいました。東京・新大久保で行われた在特会などによる「お散歩」と称した乱暴狼藉が、もしもあった場合は阻止するためです。本来なら鶴橋駅前で待ち伏せ阻止したかったのですが、警察がまとわりついてきたこともあって、彼らから見えない駅裏で待機しました。幸い心配された「お散歩」はありませんでしたが、間もなく鶴橋ガード下での街宣が始まりました。わたしたちは、ここでも彼らと対峙しプラカードを掲げたかったのですが、再び警察の阻止が入ります。「トラブルがないよう」にと、駅裏でのビラ配りも制止されました。「お願い」という、排除です。


 わたしたちは警察に問いたいです。在特会などが鶴橋でのヘイトデモ・街宣を何回やってきたのか。その一つひとつが街の人々を激しく侮辱し、傷つけ、虐げる言葉の暴力でした。あのスピーチは警察の言う「過激」という表現で留まるものでしょうか。彼らのやっていることは、意図的に挑発を繰り返し、トラブルを生じさせようとしていませんか、と。トラブルの元になっているのは、わたしたちではありません。在特会などのヘイト活動が全ての元凶です。

(2月24日に鶴橋ヘイト街宣を行う在特会等。。表現など不快になりますので閲覧注意)
 
 
 


 表現の自由は、尊いものです。わたしたちもその表現の自由は身体を張っても守らねばいけないと考えています。しかし、誰かを侮辱し蔑み傷つけるものを「表現の自由」としてもよいのでしょうか。彼らの言動は明らかに常軌を逸しており、一線を越えています。気分が悪くなりますが例を出すと、彼らは「殺せ、殺せ、朝鮮人」と連呼します。そのような表現を駆使して、ふりまき、たれ流します。デモのときも街宣のときも。今回の彼らのヘイト街宣中に、何人もの一般の方たちが「抗議」を行っていました。そうなるのは当たり前でしょう。だから厳重な警備がされていたのです。そのような発言をどうして許すのでしょう。


 わたしたちは、今回「いろいろな理由」をつけられて、小さな抗議の場所となりました。
そのような「いろいろな理由」と「お願い」は、彼らにも向けられたと聞きしましたが、それはどのようなものか、とても興味があります。実際、これまでの在特会などのヘイトデモ、街宣がトラブルの連続であり、どんなデモをするのか予想がつかなければ嘘です。それが鶴橋という、まさに彼らの標的とされるコリアン密集地で、しかも住宅街の中にまで進路が許可されていたのは驚きです。「トラブルの元」になるヘイトデモ・街宣をここまで認め、表現の自由を尊重される警察の姿勢は感服ものですが、ならば、わたしたちの表現の自由は、どこまで規制されるのでしょうか?


 鶴橋駅ガード下でのヘイト街宣は、ともかく惨いものでした。その中で、わたしたちはプラカードも制止され、ビラも撒けず、ずっと彼らのヘイト街宣を監視し続けました。わめきたてる彼らを見つめる人々の中には、わたしたちの周知活動でヘイト街宣を知り、わざわざ見にこられた方もいました。先にも述べましたが鶴橋は一つ路地奥に入れば、彼らのヘイト街宣は知らない人が多かったのです。でも、それを周知したためにかえって、あのような酷いものを見せてしまったのではないのかと胸が痛みました。何人もの人が「抗議」を行っていました。いつものように彼らは抗議した人を取り囲み、醜い罵声を張り上げます。中には幼い娘さんを連れた母親もいました。高校生もいました。その光景を見ながら、
私たちは、これを許しているものは何か 。自問自答をずっと繰り返していました。


 今回、わたしたちにとって初めての活動でした。今回の活動では、関西で早くから在特会などのヘイトを許さない活動をしてきた「ACAN(アカン=排外主義と戦うネットワーク)関西」メンバーの大きな協力がありました。朝から始めた周知活動から自分たちの問題として取り組んでいただいたことを感謝しています。また、ツイッターの呼びかけに応えて参加してもらった方、飛び入りで参加してくれた多くの人たちがいたことを、感謝と希望をもって報告させていただきます。さらに、わたしたちとは関係ないところで、多数の人がヘイト活動に抗議の意思を示した様子に、たいへん勇気をもらいました。そして鶴橋の地元の方々が、わたしたちを探して商店街を駆けまわり合流し、当日の活動に最後まで参加していただけたのは、何よりも励みになりました。


 最後に、わたしたちは「友だち守る団」であり、スローガンは「わたしの友だちに手を出すな」です。活動は、地域の声とともに歩むことをめざしています。わたしたちはヘイトデモ・街宣に反対する行動に多くの人たちが参加・賛同していただけることを望んでいます。
みんな「友だち」になりましょう。


 わたしの友だちに手を出すな!

PR
2013.02.27 (Wed)
Category[報告]
Comment(0)

コメント

この記事にコメントする
Name:
Mail:
URL:
Title:
Comment:
Password:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Copyright © 友だち守る団の中の人 All Right Reserved.
Powered by Ninja Blog.
Template-Designed by ガスボンベ.